国産車と輸入車、どっちに乗ればいい?結局好み?

維持費はどうしても輸入車のほうが高くなる

車の購入に際して迷ってしまうこともあるものです。
その迷いの原因は、国産車に乗るか、それとも輸入車に乗るか、という問題の場合もあると思われますが、どのように決断を下せば良いのか悩んでしまうところでしょう。

迷いを断ち切って決断をするには、どちらの方が自分に適しているのかを考えてみることをおすすめします。
まず維持費について考えてみましょう。

購入したものの、維持が大変なようでは良い買い物ができたとは言い難いです。
理想だけで選んでしまうと失敗することもありますので注意したいところです。

維持費に関しては、国産車の方が安くなる傾向があります。
輸入車の場合の維持における欠点として、車検や修理費用にお金が掛かりやすいことが挙げられます。

車検も輸入車は国産車よりもかなり高い傾向にある

車検にしても、知識を持った整備士を配備するためのコストや専用の部品代などが掛かりますので、通常よりも割高になっている傾向があるのです。
修理が必要になった時も同様で、専門の技術や知識を持った整備士にお金が掛かると共に、時には海外から部品を取り寄せるなどが必要となるためにコストも増加します。

維持費と言えばガソリン代も外せない問題です。
燃費にしてもあまり数値としては良くない車種が多い上、ハイオクを入れなければいけないこともあります。
ガソリン代は普段の生活にダイレクトに影響してくる要素であり、日常の足として車を使う人ですと厳しく感じるところではないでしょうか。

車体価格はそれほど高くない車種もありますので、手に入れること自体は容易なこともあるものの、今後の維持でお金が掛かるのは辛い欠点です。
現実的な問題としてネックになりやすい要素であり、経済事情と相談をしながら判断しなければいけません。

ちなみに、筆者はイギリスの高級SUVレンジローバーに乗っていますが、故障したときの金額がハンパじゃありません・・・・。

コストパフォーマンスは国産車のほうが高い

コストパフォーマンスの面でも比較をしてみましょう。
車としての価値と金額は見合うものなのかという観点で考えると、この部分については国産車の方が妥当な価格設定と言えます。

日本用の車として作られているだけあり、性能や安全性、デザインなど、ひっくるめて納得をしやすい価格で販売がされています。
決して安いとは言えないものの、価格への理解も持てるのではないでしょうか。

一方の輸入車の場合、価格が割高になっています。
確かに走りやデザインの良い車もあり魅力的ではあるものの、しかしながら品質の面では国産車の方が優れているところも多くあるのです。

壊れにくく長く乗ることができますし、その品質の高さは世界からも認められています。
かたや輸入車の場合、金額の割には優れている車とは言えない面も否めません。

輸入車は価格に見合わない車種があるので注意が必要

高級にも関わらず、品質は国産車の大衆車レベルなことも珍しくなく、金額の高さが品質に直結しているわけではありません。
ブランドとしての値段にコストが掛かっており、車自体の価値が高いということでもないのです。

もちろん車種によっては素晴らしい品質や性能を持っていますが、価格に見合わない車種があることも知っておかなければいけません。
両者を比較してみると、やはり国産車の方に何かと分があると言えそうですが、ただ、車というのは打算的に決めるものではない面もあります。

たとえ輸入車にはデメリットが多くあろうとも、ブランドに魅力を感じたり、日本車とは異なるデザインに魅かれたりすることもあるはずです。
輸入車だけにしかない価値も確かに存在していますので、少しでも魅力を感じるのなら選択肢に入れてみるのも良いのではないでしょうか。

また、こんなことを言ってしまうと、元も子もないのですが、車は好みだけで選ぶのも選択の仕方のひとつです。
やはり自分が乗っていて満足のできる車に乗った方が良いと言えますので、あれこれ深く考えず直感で選んでしまうのも、それは自身にとっての正解と言えるでしょう。