会社の忘年会を楽しむ方法

会社の忘年会を嫌がる人は結構多い

会社の忘年会が嫌だという人も少なくありません。
会社で日常的に顔を合わせている人とプライベートの時間でもまた顔を突き合わせて一緒に飲まなければいけないと言う事は非常に嫌だと言う人が多いのです。

忘年会といってもメンバーは会社の中で会っている人と同じであり、そのメンバーが集まることで出る話題は仕事の話が中心となりがちであるため、会社と環境が異なる要素が少なく非常に嫌だと言う人が多いのです。

従来はそれでも環境が変わることで話の内容が変わったり、普段仕事をしているだけでは気づかない様々な面を見ることができるとしてこれを楽しみにしている人が多かったのですが、現代社会では基本的に相手の個人的な部分については興味がないと言う人が多く、実際に忘年会を行ってもあまり盛り上がらないと言うのが一般的で、多くの人がプライベートの時間を使い慈悲を払って参加をすると言う点について良い思いを持っていない傾向が高くなっています。

忘年会

しかし忘年会は実際には堅苦しいものではありません。
上司の中には業務の延長上で様々な業務に関する発言をする人も多いのですが、基本的にこのような話は無視しても問題にならないことが多いのです。

忘年会は事前準備がすべて!入念にチェックすること

現代の社会では基本的に様々な物事がルールによって厳格に定義されており、上司が部下に仕事を与える場合にも社内で決められた方法によって与えなければいけないと言う形になっている企業が多く、酒の席で仕事の指示をすると言う事は基本的に行ってはいけない会社のほとんどであるためこれを十分に意識することでこのような問題は避けられるようになるケースが非常に増えています。

忘年会を十分に楽しむためには、事前に様々な準備を行っておくことが必要です。
幹事を任命された場合には場所の手配や予算の確保、その他様々な準備をできるだけ早く行っておかなければなりません。

シーズン間近になると多くの店が埋まってしまい、なかなか予約を取ることも困難になるのでできるだけ早く予約をしておくことが必要です。
目的の場所を抑えることができなかった場合はそれだけで様々なところに迷惑がかかることにもなりかねないため、しっかりと確保することに集中することが必要となります。

また当日は司会進行等を効果的に行うことも必要です。
このような場所ではざっくばらんに個人的な話が始まってしまうことも多いため、これを放置しておくと時間管理が非常にルーズになってしまいあらかじめ予定した段取りをスムーズにこなすことができません。

職場での緊張感を取り除くような演出をすることが必要

多くの場合には自由に好きな相手と話をし始めたくなるものですが、楽しむための段取りを事前に決めたらこれを時間通りにこなしていけるようにしっかりと司会を行うことが重要です。

従来は上司を非常に重視し、これを持ち上げるようなスケジュールを組むことが非常に多かったのですが、現代ではそれほど過剰に上司を持ち上げる必要はないと一般的に考えられており、参加者全員が楽しむことが出来るようなプランとする方が好まれることが多くなっています。

二次会でのビンゴゲームや景品など、みんなが楽しめる催し物を幹事さんはちゃんと考える必要があります。

必要以上に上司をないがしろにするとトラブルを発生させてしまうことが多いのですが、参加者全てがある程度平等に振る舞うことができるようなプログラムを設定することで、参加者一人一人が楽しめるようなものとすることができます。

そのためには事前に様々な準備を行うとともにお店の確保もできるだけ早くしっかりと行い、様々な準備をして臨むことが必要となるのです。
会社の忘年会を十分に楽しむものとするためには、職場での緊張感を取り除くような演出をすることが必要です。

あくまでも社内の礼儀やルールを考慮した上で、職場とは異なる様々なイベントを行うことが大切です。

あおり運転でトラブルに巻き込まれないために

最近ニュースでよく話題になるあおり運転の恐怖

あおり運転は時に、罪もない人を死に追いやることもある卑劣な行為です。
自分はやらないしそういう車に近づきたくないと思っていても、道路では何が起こるかわかりませんから遭遇してしまう可能性はゼロではありません。
ですから、車の運転をしている人は、あおり運転でトラブルに巻き込まれないようにするためには、どうするべきかを常日頃から考えるべきです。

トラブルを未然に防ぐために、どのような対処法があるのかというを、何事もなくやりすごすことを考えましょう。
あおられてしまうと、不快に感じるかもしれませんが、それで相手を引き離そうとするというのは良い考えではありません。

相手は正常な考えができない状態であり、スピードを上げればそれに反発して逆に乱暴な運転をすることになります。
もし、それで相手が抜き返して前に急停止されてしまうと、追突して大きな事故につながるかもしれませんし、無事に急ブレーキをかけて衝突を回避したとしてもそこで車から引きずり出されて暴力を受けることだってあります。

同様に急ブレーキをかけてしまうと、たとえ相手があおった結果だとしても衝突事故が起きた時、その責任が問われるかもしれません。
衝突しなかったときも相手が逆上して揉めることになります。
絶対にやってはいけません。

関連ニュース
東名「あおり運転」死亡、被告側が罪状争う方針

ドライブレコーダーは必ず設置しておくこと!

あおり運転は相手に道を譲って先に行ってもらえば、それでもう関わり合いにならずにすむこともありますから、気持ちを抑えて一歩引いた行動をするのがいいのです。

もし相手をやり過ごすために、路肩何度に停車した時に、それでもしつこく絡んできたときには、決してドアを開けないようにして通報をしましょう。
高速道路の場合にはサービスエリアなど安全な場所へと避難をしてからの通報にしておいてください。
もし、高速道路の脇でもめた時には、多重追突事故が起きて死者が出てしまう危険性があります。

道を譲ったとしても、更にトラブルが起きる可能性もありますから、そういうときのためにもドライブレコーダーは設置しておくほうがいいです。
カメラを前面だけにしかつけない人もいますが、あおり運転のためには後方からやってくることも考えて前後にもカメラを取り付けておくほうがいいです。

製品によっては360度を撮影できるカメラもあります。
全方位をカバーできるようであれば、事の経緯をすべて記録できるので、より確実な証拠となりえます。

ドライブレコーダーは数千円と比較的安いものから、前述の360度を撮影できるタイプだと数万円まであります。
撮影できる範囲だけでなく、カメラと記録をする本体が一体になっているか分離されているか、録画は常時行われるのか衝撃や手動をきっかけにするのか、というようにいろいろと種類があります。

わかりやすく録画中であることをステッカーなどでわかるようにしておく

ただ昔は衝撃が加わったときに撮影をするタイプが主流でしたが、SDカードやMicroSDカードといった記録媒体が大容量で安くなったこともあり常時録画タイプが主流となっています。
事の経緯をすべて録画することと考えれば、やはり常時録画タイプのほうが最適です。

カメラが設置されていれば、それだけで相手もあおってくることをやめることがありますが、車中をよく見ていないケースもありますから、よりわかりやすく録画中であることをステッカーなどでわかるようにしておく工夫も必要です。

あと、自分の普段の運転を見直すことも大切です。
何気なく行っている車線変更や吸い殻の投棄などをきっかけに、後続の車があおり運転をしてくることがあります。

相手は頭に血が上って自分が正義のために行っていると考えてしまうので、余計に事が複雑になります。
自分が知らないうちに誰かを危険な目に合わせたために報復されているのであれば、正しい運転マナーを実践することでトラブルを防ぐことは可能です。

カジノリゾートを日本で成功させるために必要なこととは?

ラスベガスやマカオで有名なカジノについて

カジノとは、賭博を行う施設のことで、ルーレットやブラックジャックなどのトランプゲーム、またスロットマシンなどのカジノゲームをお金を賭けて楽しむことができるものです。

カジノといえばアメリカのラスベガスや香港の隣にある旧ポルトガルの植民地である中国のマカオが有名です。
一方でカジノの発祥はヨーロッパで、ヨーロッパの国々にもカジノがあります。

ただヨーロッパのカジノが上流階級が集う場所であるためドレスコードが厳密であったりするなど上流階級の娯楽の場としてのスタンスで、世界的に増えているエンターテインメントタイプやカジュアルタイプのカジノとは一線を画します。

日本に限らず多くの国では賭博は法律によって厳しく規制されていますが、カジノは大きな収入を得ることができるものです。
実際に日本でもオンラインカジノを利用すればカジノの雰囲気は味わえますが、法律面でグレーゾーンは否めない点があるのは事実です。

(参考)オンラインカジノ比較ナビ:https://vegasdocs.com/ranking.html

このため税収を求めて法律で設置を認めることが20世紀後半から行われるようになり、日本からもっとも近いカジノとしては韓国があります。

このほかアジア諸国ではマレーシア、フィリピンのカジノも有名で日本からのアクセスが良いため日本人も多く訪れています。
これらの国以外でアジアでは、フィリピン、インド、スリランカ、カンボジア、シンガポールでカジノがあります。

カジノ法案はあくまで総合的な娯楽施設を作りその中にカジノを行うことを認めるもの

カジノの多くは単なるカジノゲームを楽しむといったものの他に滞在型リゾート地として開発されたものも多くこれらはカジノリゾートと呼ばれます。
日本のカジノ法案とも呼ばれるものもあくまでもIR(統合型リゾート)という名目で通っているように、カジノよりも総合的な娯楽施設を作り、その中にカジノを行うことを認めるというものです。

ラスベガスのカジノリゾート
※写真はネバダ州ラスベガスのカジノリゾート

カジノリゾートを日本で成功させることは、IRの基本理念を守ることが重要とされます。
カジノの種類としては上流階級の社交場として行われるヨーロッパ型とエンターテイメントショーを行って訪問客を楽しませるラスベガス型があり、さらに日本が目指す統合リゾート型があります。

統合リゾート型と有名なのがマレーシアのゲンティン・ハイランドで、こちらはカジノだけでなく遊園地やゴルフコースがあり、高地にあるため熱帯地方にありながら冷涼で過ごしやすく避暑地となっています。

このようにカジノが目的ではない訪問者を取り込むことが重要です。
また統合リゾート施設は一種のテーマパークとも言えますから、エンターテイメント性も求められます。

多額の初期投資が必要で事業規模としては1兆円を超える

カジノリゾートが成功するために求められることは数多くありますが、問題となるのがあくまでも民間施設が行うということです。
さらに海外のカジノ資本が日本への参入を表明するなど外資の扱い方も問題になってきます。

IRの問題点は多額の初期投資が必要であることで、事業規模としては1兆円を超えると言われます。
これだけの資金を確保することは、この分野に初めて参入する日本資本では難しいものです。

このため日本資本が参加するとしても合弁となって行うことになります。
また現実的に海外の新興国に見られるカジノでは海外資本にカジノを作らせて運営することによって税収を得るというスタンスのところも多いもので、この場合には経営の自由度が担保される必要があります。

それと現在の法律ではIR特区を認め、そこに設営されるIR施設およびカジノ施設は1つのIR事業者が行う事になっています。
このため、競争は発生せず独占的な状況になりますし、またターゲットとしているのが日本人としていることにも大きなリスクとなる可能性があります。

いずれにしても規制が多い中で事業者が知恵を絞った上で、成功するかしないかは事業者次第といった状況にあり、成功させる以上は、国や地域が積極的に協力できるような環境になることが必要です。

騙されるな!オレオレ詐欺(振り込め詐欺)にはどう対処すればいいのか?

巧妙化し続けるオレオレ詐欺

振り込め詐欺という言葉、ご存知の方がほとんどでしょう。
「俺だよ俺」と息子を装って声かけてくることからオレオレ詐欺とも呼ばれています。

日本全国で毎年何件もの被害例があり、億の単位でお金を騙し取られているのです。
あなただけが大丈夫とは言えません。

単に「オレオレ」と言ってくるだけでなく、警察役の人物などもかけてきたり、手口はどんどん巧妙化しています。
そのような電話がかかってくるかもと思って、対処法を身に付けておきましょう。

(参考):警察庁振り込め詐欺対策HP

友達であったり親戚・学校関係・職場関係など、電話がかかってくる相手というのは大体決まっているはずです。
それ以外の登録されていない、知らない番号の電話には出ないようにしましょう。

そうすれば騙されることはありません。
とはいえ、もしかしたら重要な用件かもしれませんから、留守番電話設定しておけばいいのです。
証拠として提出される危険性があるため、詐欺グループが留守電に登録することはありません。

本当に大切な要件だけがメッセージとして残されることになるのです。
特に高齢者が1人でいるのであれば、決して電話に出ないように伝えておき、定期的に若い人が留守電チェックしてあげればいいのです。

詐欺グループが実行犯まで徹底できておらず、留守番電話にメッセージを残してしまった場合には、それが大きな証拠として捕まえることができるかもしれません。

一旦電話を切って実在するのか?あるいは当の本人かどうか確かめる

「携帯電話が壊れたので」という理由で息子を名乗る相手から電話がかかってきたとします。
その場合、電話を切った後すぐに銀行に駆け込むのではなく壊れたと言われている息子の携帯に一度かけてみてください。

案外のんきに電話に出てくるかもしれません。
警察や金融機関職員を装って電話してきた時には氏名や所属部署を聞きだした上で警察の電話にかけて、そのような人が本当に実在するか確認しましょう。

もしかしたら、肝心の息子は仕事中で電話に出られないかもしれません。
それで、「やはりこれは本当のことなんだ」と焦って騙されるのではなく、誰か第3者に相談してみませんか。

ご近所のお友達や娘でもいいですし、知り合いに相談するのは恥ずかしい・本当に息子が事故など起こして他者に迷惑をかけているかもしれないので出来るだけ知られたくないというのであれば、警察や国民生活センターに相談するという手もあります。

詐欺グループは巧妙で、臨場感を持って話を進めていくため実際に電話で聞いたあなたはパニック状態でしょう。
でも冷静な第3者であれば、どこかに話のほころびを見つけたり・これはもしかしたら振り込め詐欺なのではと気付くことが出来ます。

一日に振り込める上限額を下げておくことも大事

オレオレ詐欺の被害者の多くは子どもと日頃からあまり電話することがなくなった、孤独な老人です。
もしも全財産を巻き上げられてしまったら、その後の生活は悲惨なものになってしまいます。

もしも被害にあったとしても最小限で済ませられるように、一日に振り込める上限額を下げておいてください。
これもやはり、もしかしたら自分も被害者となるかもという心構えがあるからこそ出来ることなのです。

オレオレ詐欺は電話による犯罪、なかなか犯人を捕まえられずだからこそ、被害が無くならないのが現状です。
もしも余力があるなら、騙されたふりをして話を伸ばしながら警察に通報してください。

少しでも被害に合う方を少なくするために、犯人グループが捕まえられるようご協力お願いします。
もしかしてというなら、飼ってもいないペットのことであったり犯人には事前に予習しておくのは不可能な家族だからこそ分かることを織り交ぜて会話してみればいいのです。

それに乗ってきているのであれば、それはあなたの息子では決してありません。

安室奈美恵さんが日本に与えた影響について

ファッションリーダー的な存在だった安室奈美恵さん

安室奈美恵さんは2018年9月に引退をしましたが、国内に与えた影響は非常に大きいものがあると考えられます。
1992年にデビューして以来日本の若い女性の興味を非常に引きつけ、特にそのファッション面は多くの若者が手本として楽しんだと言うファッションリーダー的な存在でもありました。

また本名の歌においても様々なヒット曲を連発し、ほとんどが若者だけでなく広い世代に受け入れられるものとなっており、その影響力は計り知れない良いものがあります。

私生活においても19歳のときに電撃結婚し、当時は歌詞活動も絶頂期であったため多くのファンだけでなく日本中が驚いたものです。
このような形も自分の意志を貫く新しい女性のスタイルとして多くの女性の共感を呼び、ファッションリーダーとしてだけではなく精神的な面でも多くの若者の理想的なシンボルとして位置づけられていた面があります。

それも私生活で様々なトラブルが発生した中で芸能界復帰後は非常に地道な活動を進めてきたイメージがありますが、その中でも自分のスタイルを変えずにストイックに進んできたと言うイメージが多くの人にもたれています。

現代の芸能人の多くは様々な場所でいろいろな活動を行うことが中心となっており、頭の中には本業の歌よりもバラエティー番組などで見ることが多くなってしまっている人も多いのですが、安室奈美恵さんは自分は歌手であると言う自覚を常に持ちあまりバラエティー番組などには出演せずにコンサート活動などを中心にファンとの交流を図ってきた面もアーティストとしてストイックで強いイメージを与えているものとなっています。

歌手として決してぶれなかった安室さんは真のプロフェッショナル

近年の日本の芸能のスタイルはお笑いが中心となっており、歌手の中でもそのステージの中にお笑いの要素がないと人気を得ることができないと言うイメージを持っている人が少なくありません。

近しい安室奈美恵さんのコンサートは基本的にMCもなく、常に楽曲と歌で観客を惹きつけると言う要素が非常に強いと言う部分が歌手としてのプライドとそのストイックさを感じさせるものであり、そのスタイルは多くのファンを引きつけてきたのです。

そして最後に自ら引退の日を決め、このスケジュールに従いしっかりと責任を果たすように引退するそのスタイルも責任を持って仕事を全うするしっかりとした姿勢を感じ、最後まで多くの人を感動させる影響力を持った人物であると評価されています。

安室奈美恵さんの影響力は多くの当時の若者から現代の若者まで非常に強いものがあります。

歌だけでなく生きる姿勢について共感を持っている人が多い

楽曲もさることながらその生きる姿勢について共感を持っている人が多く、自身も離婚し子供を抱えながら活動を続けている姿は多くのシングルマザーにとっても非常に強い味方となっており、直接的な政治活動等は一切行いませんでしたが、様々な楽曲やその生きる姿勢を通じて社会に訴えるものが大きく、現代のシングルマザーに対する様々な政府の施策は安室奈美恵さんの活動に後押しされた多くの人々の力によるものといっても過言ではありません。

最近は直接的に声を上げ、その権利を勝ち取ろうと言う人も非常に増えていますが、安室奈美恵さんは自分自身の仕事を通じてその姿を多くの人に見せることで勇気を与え、日様々な物事を大きく変えた人と言う事もできるのです。

最近では多くの芸能人や歌手がバラエティー番組に登場し、お笑いタレントと同じような振る舞いを見せることが多くなっています。
しかしあくまでも自らの与えられた仕事を全うし、これを通じて多くの広い世代の人に影響を与えた人物としては非常に貴重な存在であり、また今後もその楽曲は多くの人に影響与え続ける存在であると考えられます。


安室奈美恵「Hero」NHKオフィシャル・ミュージックビデオ – YouTube

国産車と輸入車、どっちに乗ればいい?結局好み?

維持費はどうしても輸入車のほうが高くなる

車の購入に際して迷ってしまうこともあるものです。
その迷いの原因は、国産車に乗るか、それとも輸入車に乗るか、という問題の場合もあると思われますが、どのように決断を下せば良いのか悩んでしまうところでしょう。

迷いを断ち切って決断をするには、どちらの方が自分に適しているのかを考えてみることをおすすめします。
まず維持費について考えてみましょう。

購入したものの、維持が大変なようでは良い買い物ができたとは言い難いです。
理想だけで選んでしまうと失敗することもありますので注意したいところです。

維持費に関しては、国産車の方が安くなる傾向があります。
輸入車の場合の維持における欠点として、車検や修理費用にお金が掛かりやすいことが挙げられます。

車検も輸入車は国産車よりもかなり高い傾向にある

車検にしても、知識を持った整備士を配備するためのコストや専用の部品代などが掛かりますので、通常よりも割高になっている傾向があるのです。
修理が必要になった時も同様で、専門の技術や知識を持った整備士にお金が掛かると共に、時には海外から部品を取り寄せるなどが必要となるためにコストも増加します。

維持費と言えばガソリン代も外せない問題です。
燃費にしてもあまり数値としては良くない車種が多い上、ハイオクを入れなければいけないこともあります。
ガソリン代は普段の生活にダイレクトに影響してくる要素であり、日常の足として車を使う人ですと厳しく感じるところではないでしょうか。

車体価格はそれほど高くない車種もありますので、手に入れること自体は容易なこともあるものの、今後の維持でお金が掛かるのは辛い欠点です。
現実的な問題としてネックになりやすい要素であり、経済事情と相談をしながら判断しなければいけません。

ちなみに、筆者はイギリスの高級SUVレンジローバーに乗っていますが、故障したときの金額がハンパじゃありません・・・・。

コストパフォーマンスは国産車のほうが高い

コストパフォーマンスの面でも比較をしてみましょう。
車としての価値と金額は見合うものなのかという観点で考えると、この部分については国産車の方が妥当な価格設定と言えます。

日本用の車として作られているだけあり、性能や安全性、デザインなど、ひっくるめて納得をしやすい価格で販売がされています。
決して安いとは言えないものの、価格への理解も持てるのではないでしょうか。

一方の輸入車の場合、価格が割高になっています。
確かに走りやデザインの良い車もあり魅力的ではあるものの、しかしながら品質の面では国産車の方が優れているところも多くあるのです。

壊れにくく長く乗ることができますし、その品質の高さは世界からも認められています。
かたや輸入車の場合、金額の割には優れている車とは言えない面も否めません。

輸入車は価格に見合わない車種があるので注意が必要

高級にも関わらず、品質は国産車の大衆車レベルなことも珍しくなく、金額の高さが品質に直結しているわけではありません。
ブランドとしての値段にコストが掛かっており、車自体の価値が高いということでもないのです。

もちろん車種によっては素晴らしい品質や性能を持っていますが、価格に見合わない車種があることも知っておかなければいけません。
両者を比較してみると、やはり国産車の方に何かと分があると言えそうですが、ただ、車というのは打算的に決めるものではない面もあります。

たとえ輸入車にはデメリットが多くあろうとも、ブランドに魅力を感じたり、日本車とは異なるデザインに魅かれたりすることもあるはずです。
輸入車だけにしかない価値も確かに存在していますので、少しでも魅力を感じるのなら選択肢に入れてみるのも良いのではないでしょうか。

また、こんなことを言ってしまうと、元も子もないのですが、車は好みだけで選ぶのも選択の仕方のひとつです。
やはり自分が乗っていて満足のできる車に乗った方が良いと言えますので、あれこれ深く考えず直感で選んでしまうのも、それは自身にとっての正解と言えるでしょう。